このサイトについて >>

WordPressのデータベース名、データベースユーザー名、パスワードの確認方法

ワードプレスのデータベースのパスワードがわからない!
どうしたらいいの?

ぺん

大丈夫!簡単な確認方法をご紹介します。

WordPress(ワードプレス)のインストール時に設定する、

  • データベース名(DB名)
  • データベースユーザー名(DBユーザー名)
  • パスワード

は、きちんと管理しておかないと、いざというときにわからなくなってしまいます。

今回は、WordPressが接続するDB名、DBユーザー名とDBパスワードの確認方法をご紹介します。

ぺん

DB名、DBユーザー名、DBパスワードはWordPressのバックアップとレストア(復旧)に必要になります。

DB?

ぺん

DBとはデータベースのことです。

以降はデータベース(Database)のことをDBと記載します。

この記事の内容
  1. WordPressのデータベースのIDパスワードとは?
  2. DB名、DBユーザー名、DBパスワードの確認方法

解説を飛ばして、「DB名、DBユーザー名、DBパスワードの確認方法」をご覧になりたい場合はこちらから。

目次

WordPressのDB名、DBユーザー名、DBパスワードとは?

データベースのパスワードとは、ワードプレスのログインに使うIDとパスワードとは違うの?

ぺん

ちがいます。

WordPressのDB名、DBユーザー名、DBパスワードの関係を見てみましょう。

WordPressとデータベースの関係は基本的には1:1

通常の設定ではWordPressは1つのデータベースを利用します。

<わからなければ読み飛ばしてください>
データベースの接頭辞(テーブルの先頭に付ける文言)のデフォルト値は’wp_’です。接頭辞をカスタマイズすることで、1つのデータベースに複数のWordPressをインストールすることは可能です。

WordPressがDBにアクセスするためには、

  • DB名(どのDBを使うのかを指定)
  • DBユーザー名(DBへのアクセス権限を管理)
  • DBパスワード

を設定します。

ぺん

一つのWordPressサイトに、1つのデータベースが必要です。

同じサーバーに複数のWordPressサイトを設定した場合はどうなりますか?

ぺん

その場合は、WordPressサイトの数だけデータベースが作られます。

WordPreessのDB名、DBユーザー名、パスワードの関係
WordPreessのDB名、DBユーザー名、パスワードの関係
DB名

WordPressが接続するDB(データベース)の名称です。

レンタルサーバーには複数のデータベースを作成可能なため、WordPressサイトごとに、接続するDB名を保存しています。

DBユーザー名とDBパスワード

WordPressが接続するDBに接続するユーザーとパスワードです。

WordPressサイトの運営で使用する、その他のIDとパスワードを見てみましょう。

WordPress管理画面のユーザー名、パスワードとは?

WordPressサイトの運用には、最大5種類のIDとパスワードが必要です。

WordPressサイト運用に使うID・パスワード
クリックで拡大できます

(1) レンタルサーバー管理画面

エックスサーバーなどのレンタルサーバーの管理画面にログインするための、ユーザー名とパスワードです。

レンタルサーバー管理画面では、ドメイン設定、セキュリティ設定など、各種サーバーの設定が行えます。

(2) WordPress管理画面

WordPressの管理画面では、WordPressの各種設定、テーマの設定や記事の編集などが行えます。

(3) FTP接続用

FTPクライアントを使うと、WordPressサイトをホストするサーバーにファイルの送受信を行えます。

(4) SSH接続用

SSHクライアントを使うと、WordPressサイトをホストするサーバー上で、コマンドを操作することができます。

(5) WordPressデータベース接続用

WordPressの動作にはデータベースが必要です。データベースへの接続には、DB名、DBユーザー名、パスワードが必要です。

この記事で紹介しているのは「(5)WordPressデータベース接続用」のパスワードの確認方法です。

その他のパスワードの確認方法については、下記の記事に分かりやすくまとめています。

>>WordPressのパスワードを忘れた場合のパスワード変更方法【まとめ】

WordPressのDB名、DBユーザー名、DBパスワードの確認方法

WordPressのDB名、DBユーザー名、パスワードの確認方法

WordPressのDB名、DBユーザー名、DBパスワードの確認方法は、とてもシンプルです。

WordPressがインストールされているフォルダ直下にあるwp-config.phpというファイルに、全ての情報が記載されているのです。

ぺん

ということで、DB名、DBユーザー名、DBパスワードの確認方法は、このwp-config.php の内容を確認するだけです。

思ったよりも簡単ですね(笑)

wp-config.phpの内容は?

wp-config.phpの内容は?

wp-config.phpはPHPのソースコード

wp-config.phpファイルは、WordPressの設定値を定義するPHPのソースコードです。

wp-config.phpはテキストファイルなのでWindowsの「メモ帳」などで開くことはできますが、古いバージョンのメモ帳を使っている場合は、間違って上書きしてしまうとwp-config.phpファイルを壊してしまうので注意してください。

wp-config.phpは、UTF-8 BOMなし(UTF-8N)という形式で記録されていますが、古いバージョンの「メモ帳」はUTF-8 BOMなし形式での保存をサポートしていません。

wp-config.phpの記載内容

下記がwp-config.phpファイルのイメージ(抜粋)です。

ぺん

wp-config.phpの中には、データベース名やユーザー名、パスワードがそのまま記載されています。

wp-config.phpファイルをダウンロードすれば、WordPressのDB名、DBユーザー名、DBパスワード を保存しておくことができます。


// ** MySQL 設定 - この情報はホスティング先から入手してください。 ** //
/** WordPress のためのデータベース名 */
define('DB_NAME', 'xxxxxxx_afblive');

/** MySQL データベースのユーザー名 */
define('DB_USER', 'dbuser');

/** MySQL データベースのパスワード */
define('DB_PASSWORD', 'dbpassword');

/** MySQL のホスト名 */
define('DB_HOST', 'mysqlXXXXXX.xserver.jp');

/** データベースのテーブルを作成する際のデータベースの文字セット */
define('DB_CHARSET', 'utf8');

/** データベースの照合順序 (ほとんどの場合変更する必要はありません) */
define('DB_COLLATE', '');

wp-config.phpファイルに記載されている内容は以下の通りです。

DB_NAME

WordPressが接続しているデータベースの名前(DB名)

DB_USER

データベースユーザー名(DBユーザー名)

DB_PASSWORD

データベースユーザーが、データベースに接続するためのパスワード

DB_HOST

データベースサーバーのサーバー名

WordPressサイト毎にwp-config.phpファイルの情報を保存しておくと、複数のWordPressサイトの管理に便利です。

wp-config.php の保存場所は?

wp-config.phpの格納場所はWordPressのインストールフォルダ直下

wp-config.phpファイルは、WordPressフォルダ配下に格納されています。

レンタルサーバー毎に、フォルダー配置は異なります。

エックスサーバーのwp-config.phpの格納場所

wp-config.phpの保存場所(エックスサーバー)

./ドメイン名/public_html/wp-config.php

ConoHa WING のwp-config.phpの格納場所

wp-config.phpの保存場所(ConoHa Wing)

./public_html/ドメイン名/wp-config.php

wp-config.phpの内容を確認する3つの方法

wp-config.phpファイルの確認方法を3つご紹介します。

  1. SFTPクライアントを使う方法
  2. SSHクライアントを使う方法
  3. レンタルサーバーツールを使う方法

どの方法がおすすめですか?

ぺん

おすすめはSFTPクライアントを使った確認方法ですが、
どの方法を選択しても同じです。

SFTPクライアント、FTPクライアントの設定をしておくと、バックアップの実行時など、WordPressサイトの運営に役立ちます。

SFTPクライアントを使う方法

WinSCP LOGO

SFTPクライアントとは、 WordPressをホストしているリモートサーバー(レンタルサーバー) に対して、ファイルの送受信(アップロード、ダウンロード)を行うためのツールです。

SFTPクライアントの設定を行うと、WordPressの設定情報の確認や、不具合発生時の復旧(リカバリー)にとても役立ちます。

ぺん

SFTPクライアントは使い方も簡単なので、是非設定してみてください。

STEP
レンタルサーバーにSFTPクライアントで接続する

SFTP接続手順の詳細は、下記の記事で解説しています。

>>SFTPクライアント(WinSCP、FileZilla)の詳細設定方法
STEP
リモートサーバーのwp-config.phpが格納されたディレクトリを指定する

これはエックスサーバーの例です。

リモートサーバーのディレクトリ(画面右)で、/home/エックスサーバーID/affiliate-biz.jp/public_html を指定する。

リモートサーバーのwp-config.phpが格納されたディレクトリを指定する
STEP
wp-config.php ファイルをダウンロードする

wp-config.phpを選択して、左側のローカルフォルダーにドラッグします。

OKボタンをクリックするとwp-config.phpをダウンロードします。

wp-config.php ファイルをダウンロードする

SSHクライアントを使う方法

SSHクライアントとは、サーバーとクライアント(PC)間のでコマンド操作を安全に行うためのツールです。

私はワードプレスの初心者なのですが、SSHクライアントは使った方が良いですか?

ぺん

いいえ。SSHクライアントは、上級者向けのツールです。

SSHクライアントの利用をお勧めする人は、

  • UNIX、Linuxの利用経験がある方

となります。

WordPressや、PC利用が1年未満の初心者の方の、SSHクライアントの利用はおすすめできません。 誤って重要なファイルを消してしまうと、WordPressサイトが壊れてしまうからです。

STEP
レンタルサーバーにSSHクライアントで接続する

SSH接続手順の詳細は、下記の記事で解説しています。

>>SSHクライアント(Tera Term)の詳細設定方法
STEP
wp-config.php ファイルの内容を表示する
SSHコマンド
wp-config.php を表示するコマンド

ファイルのパス(場所)は、 「wp-config.php の保存場所は? 」を参考に変えてみてください。

ぺん

上記はエックスサーバーでホストしている、当サイト(affiliate-biz.jp)の例です。

STEP
wp-config.phpファイルの内容を確認する
wp-config.phpファイルの内容を確認する
wp-config.phpの内容

レンタルサーバーツールを使う方法

レンタルサーバーでは、SFTPクライアントや、SSHクライアントなしでも、サーバー上のファイルの送受信をおこなうためのツールが提供されています。

それぞれの使い方は、下記のリンク先をご覧ください。

エックスサーバー

エックスサーバーのファイルマネージャの操作方法はこちらをご覧ください。

ConoHa Wing

ConoHa Wingのファイルマネージャーの操作方法はこちらをご覧ください。

ぺん

事前のツール設定が不要なため、この方法が一番かんたんですね。

wp-config.phpを誤って上書きしないように注意

wp-config.php のファイル内容が壊れるとワードプレスが動作しなくなるため、誤ってサーバーにアップロードしないよう、十分に気を付けてください。

WP-Config.PHPを書き換えると接続先のDBが変わる
WP-Config.PHPを書き換えると接続先のDBを変更可能

WordPressのDB名、DBユーザー名、DBパスワードに関するよくある質問(FAQ)

WordPressのDB名、DBユーザー名、パスワードが必要なのはどんな時?

WordPressのバックアップをする際に必要となります。


レンタルサーバーでは、WordPressをワンクリックで簡単インストールしてくれる機能を提供しています。

簡単インストールを利用している場合は、WordPressのDB名、DBユーザー名やパスワードは自動で設定されるため、内容を確認するためには、この記事でご紹介している手順をお試しください。

WordPressのインストール時には、DB名やDBユーザー名、DBパスワードは、指定した方がいいの?

個別に指定しなくても大丈夫です。

レンタルサーバーが提供している、WordPressの「簡単インストール」を使うと、DB名やDBユーザー名、パスワードは自動的に設定されます。

複数のWordPressサイトを同じサーバーで運営している場合は、DB名やDBユーザー名をサイトの名前と関連付けておくと、管理が容易になります。

ぺん

お好みでどうぞ! わたしは管理しやすいように、DB名やDBユーザー名を手動で指定しています。

まとめ

今回は、WordPressのDB名、DBユーザー名、DBパスワードの確認方法について解説しました。

WordPressのDB名、DBユーザー名、DBパスワード は、WordPressのバックアップを取る際に必要となるので、今回ご紹介した手順で事前に確認しておいてください。

WordPressのバックアップ方法と、レストア(復旧)方法については、下記で詳しく解説しています。

>>プラグインを使わないワードプレスサイトのバックアップ方法 >>プラグインを使わないワードプレスサイトのレストア(復旧)方法

その他のパスワードの変更方法については、下記の記事で詳しく解説しています。

>>WordPressのパスワードを忘れた場合のパスワード変更方法【まとめ】

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアをお願いします!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
上に移動
目次
閉じる