このサイトについて

プラグインを使わないワードプレスサイトのリストア(復旧)方法

プラグインを使わないワードプレスサイトのレストア(復旧)方法

ワードプレスサイトの復旧方法は?
バックアップデータはどうやったら元に戻せるの?

プラグインを使わないワードプレスサイトのバックアップ方法 」で、WordPressサイトのバックアップ手順をご紹介しました。

今回は、プラグインを使わないでバックアップしたWordPressデータのリストア方法(復旧)をご紹介します。

ぺん

ワードプレスのバックアップデータは、かならずリストア(復旧)できることを確認しておきましょう。

この記事の内容
  1. WordPress環境リストア前の準備作業
  2. プラグインを使わないワードプレスデータの復旧方法
目次

WordPress環境リストア前の準備作業

ホワイトボード 分析チャート

ワードプレスのバックアップファイルから、ワードプレス環境をリストア (復旧)する前には下記の準備が必要です。

ぺん

簡単に言うと、移行先の環境を移行前の環境と同じにするということです。

WordPressのインストール

WP-Engine
ワードプレス本体

WordPress環境をリストアする前に、移行先の環境にWordPressをインストールしておきましょう。

ぺん

移行先環境は、できるだけ移行元の環境と同じWordPressバージョン、PHPバージョンの環境を作成してください。

WordPressテーマのインストール

Template/Themes
ワードプレステーマ

移行先の環境に、移行元の環境で使用しているWordPressテーマをインストールしてください。

ぺん

移行元の環境でSwellを使っていたら、移行先にもSwellをインストールすればOKです。

WordPressテーマのインストール手順
  1. WordPress管理画面から、「外観」>「テーマ」を選択
  2. 「新規追加ボタン」をクリック
  3. 「テーマのアップロード」ボタンをクリック
  4. 「ファイルを選択」をクリックして、ダウンロードしたテーマファイル(ZIPファイル)を選択
  5. インストールしたテーマの「有効化」ボタンをクリック

WordPressプラグインのインストール

Plugin/Widget
ワードプレス プラグイン

同じく、WordPressプラグインについても、移行前の環境で使っていたものは、移行先にもインストールしてください。

WordPressプラグインのインストール手順
  1. WordPress管理画面から、「プラグイン」を選択
  2. 「新規追加」ボタンをクリック
  3. キーワードから、プラグインの名称を入力
  4. プラグインを選択して「今すぐインストール」をクリック
  5. インストールしたプラグインの「有効化」をクリック

メディアライブラリ(画像ファイル)

File System
画像ファイル

WordPressのメディアライブラリに登録されている画像ファイルも移行先環境にコピーする必要があります。

WordPressの画像は、変更していなければ下記のパスにアップロードされます。

WordPress画像のアップロードパス

https://ドメイン名/wp-content/uploads/

FTPクライアントを利用して、移行先のWordPress環境にすべての画像ファイルをコピーします。

WordPress環境のリストア手順1 – DBの上書き

ポストイット

移行先のWordPress環境を作成できたら、WordPressの リストア(復旧)の準備は完了です。

具体的には何をすればいいの?

ぺん

簡単に説明すると、クリーンインストールしたWordPress環境のデータベースを消して、バックアップしてデータを書き込みます。

WordPressのリストア方法 手順イメージ
WordPress環境のリストア(復旧)イメージ

移行先WordPress環境のDBを削除する

phpMyAdminにアクセスする

phpMyAdminは、ブラウザでデータベースの操作が行える管理ツールです。

レンタルサーバーの管理画面から利用することができます。

ぺん

この記事で紹介している画面は、エックスサーバーのものです。

監理画面

(エックスサーバーの場合)サーバーパネルから、phpmyadminを選択します。

phpMyAdminにログインする

phpMyAdminログイン画面
phpMyAdminのログイン画面

ログインダイアログが表示されるので、MySQLのユーザー名と、パスワードを入力します。

phpMyAdminのユーザー名、パスワードは、移行先のワードプレスインストール時に作成した、MySQLのユーザー名とパスワードです。

データベース名を選択

phpMyAdminにログインすると、左メニューにログインに使用したMySQLユーザーがアクセスできるデータベース名の一覧が表示されます。

phpMyAdmin画面

表示されているデータベース名が、移行先のWordPress環境のものであることを確認してください。

データベースを削除する

WordPressのリストア方法 チェックしたものを削除

データベース内のテーブルが表示されます。

画面下の「すべてチェック」をクリックして、「チェックしたものを:」プルダウンから「削除」を選択すると、データベースがすべて削除されます。

移行先WordPress環境のDBにバックアップデータを上書きする

DBが空になっていることを確認する

phpMyAdmin にログインした状態で、「構造」タブをクリックします。

「このデータベースにはテーブルがありません」と表示されることを確認しましょう。

WordPressのリストア方法 このデータベースにはテーブルがありません

DBにバックアップしたデータを上書きする

次にバックアップしたデータを、空のDBにインポートして上書きします。

  1. phpMyAdmin にログインした状態で、「インポート」タブをクリックします。
  2. 「ファイルを選択」ボタンをクリックして、バックアップしたSQLファイルを選択します。
  3. 「実行」をクリックします。
WordPressのリストア方法 phpmyadmin画面 インポート画面

バックアップ方法については、「プラグインを使わないワードプレスサイトのバックアップ方法 」をご覧ください。

インポートが正常に終了すると「インポートは正常に終了しました。」と表示されます。

WordPressのリストア方法 phpmyadmin画面 インポートは正常に終了しました

失敗する理由のほとんどは、インポート先のデータベースが完全に空になっていない場合です。その場合は「2-1 移行先WordPress環境のDBを削除する」を再度試してください。

WordPress環境のリストア手順2 – データの修正

これまでの手順で、新しいWordPressの環境( 移行先ドメイン )への、バックアップデータのインポートが完了しました。

ただし、移行先ドメインにインポートしたデータには、元の環境( 移行元ドメイン )の情報がそのまま残っています。

そのため、 そのため、移行元ドメイン移行先ドメイン」の場合は インポートデータの修正が必要です。

移行元ドメイン移行先ドメインってどういう意味?

ぺん

ドメインが変わる場合が該当します

WordPressデータベースの情報をSQLで書き換える方法

phpMyAdmin にログインした状態で、「SQL」タブをクリックします。

phpMyAdmin SQL画面

SQL実行画面では、ウィンドウの中にSQL文を入力して、画面右下の「実行」ボタンをクリックすると、SQLを実行することができます。

SQL(Structured Query Language)とはデータベースを操作する言語です。データベース内のデータの参照、更新、削除が行えます。

「実行」ボタンを押すと、結果が表示されます。

phpMyAdmin SQLの実行結果
結果の確認をしながら、SQL文は1行ごとに実行することをお勧めします

本項でご紹介した方法で、下記に記載するSQL文を実行して、データを修正してください。

データ修正用SQL文

データ修正用のSQL文は5種類あります。

  1. 記事データ内のドメイン名の書き換え(必須)
  2. サイトURL、homeの書き換え (必須)
  3. カスタムフィールド値の書き換え (必須)
  4. GUIDの書き換え(オプション)
  5. 記事タイトルの書き換え(オプション)

全部のSQL文を実行する必要はありません。

移行の条件によって、実行が必要なSQL文は異なります。

スクロールできます
移行の条件実行が必要なSQL文
ケース1:同じドメインにデータを復旧

移行元ドメイン


移行元ドメイン
なし
ケース2:ドメインを移行

移行元ドメイン

移行先ドメイン
1.記事データ内のドメイン名の書き換え(必須)
2.サイトURL、homeの書き換え (必須)
3.カスタムフィールド値の書き換え (必須)
ケース3:複数ドメインに分割

移行元ドメイン

移行元ドメイン+移行先ドメイン
1.記事データ内のドメイン名の書き換え(必須)
2.サイトURL、homeの書き換え (必須)
3.カスタムフィールド値の書き換え (必須)
4.GUIDの書き換え(オプション)
移行の条件と、実行が必要なSQL文

1.記事データ内のドメイン名の書き換え(必須)

下記のSQLを実行すると、記事データ内の移行元ドメイン名を、移行先ドメイン名に書き換えます。

ぺん

記事内の内部リンク切れを防ぎます。

移行元ドメイン移行先ドメインの場合は、下記のSQL文の実行が必要です。

UPDATE `wp_posts` SET post_content=REPLACE (post_content,'移行元ドメイン(旧)','移行先ドメイン(新)');

あなたの環境に合わせて‘ 移行元ドメイン(旧) ’’ 移行先ドメイン(新) ’の部分を書き換えて下さい。

UPDATE `wp_posts` SET post_content=REPLACE (post_content,'https://affiliate-biz.jp',' https://affiliate-biz-new.jp');

2.サイトURL、homeの書き換え (必須)

下記のSQL文を実行することで、 wp_options テーブルに記録されているWordPressの各種設定情報(サイトURLや、ホームへのリンク情報)を書き換えます。

ぺん

この情報を書き換えないと、WordPressの管理画面にログインできません。

移行元ドメイン移行先ドメインの場合は、下記のSQL文の実行が必要です。

UPDATE `wp_options` SET option_value=REPLACE (option_value,'移行元ドメイン(旧)','新ドメイン');

あなたの環境に合わせて‘ 移行元ドメイン(旧) ’’ 移行先ドメイン(新) ’の部分を書き換えて下さい。

UPDATE `wp_options` SET option_value=REPLACE (option_value,'https://affiliate-biz.jp',' https://affiliate-biz-new.jp');

3.カスタムフィールド値の書き換え (必須)

下記のSQLを実行することで、wp_postmetaテーブルに記録されているカスタムフィールド内のドメイン情報を書き換えます。

移行元ドメイン移行先ドメインの場合は、下記のSQL文の実行が必要です。

UPDATE `wp_postmeta` SET meta_value=REPLACE (meta_value,'移行元ドメイン(旧)','新ドメイン');

あなたの環境に合わせて‘ 移行元ドメイン(旧) ’’ 移行先ドメイン(新) ’の部分を書き換えて下さい。

UPDATE  `wp_postmeta` SET meta_value=REPLACE (meta_value,'https://affiliate-biz.jp',' https://affiliate-biz-new.jp');

4.GUIDの書き換え(オプション)

GUIDって何?

ぺん

GUID情報は、簡単にいうと記事のIDです。

GUID(Globally Unique Identifier)とは、一意となるIDのことです。

このサイトのRSSフィードの中でGUIDが、記事のIDとして使われています。

RSSフィードで使われているGUIDの例

<guid isPermaLink=”false”>https://affiliate-biz.jp/?p=3577</guid>

GUIDの書き換えは、必須ではありません。

バックアップした移行元ドメインのデータを移行先ドメインに移行後、2つのドメインが並存する場合のみGUIDの書き換えが必要です。

GUID(Globally Unique Identifier)とは、(重複しない)一意となるIDのことです。WordPress以外のシステムでも利用されている一般的な技術用語です。WordPressではGUIDをRSS/ATOMフィード(サイトの更新情報を配信する仕組み)の中で、記事のIDとして使われています。

GUIDの書き換えが不要なケース

サイトのドメインを単純に移行する場合は、GUIDの書き換えは不要です。

移行先ドメインBにデータ移行後は、移行元ドメインAが存在しないため、GUIDの競合が発生しえないからです。

サイトを移行する場合
GUIDの書き換えが必要なケース

GUIDの書き換えが必要なケースは、サイトを分割する場合です。

移行先ドメインBにデータ移行後も、移行元ドメインAが引き続き存在する場合、同じ記事ID(=同じGUID)を持つ記事が同時に存在する可能性があるからです。

サイトを分割する場合GUIDが重複してしまう

サイトを分割する場合は、下記のSQL文の実行が必要です。

UPDATE `wp_posts` SET guid=REPLACE (guid,'移行元ドメイン(旧)','新ドメイン');

あなたの環境に合わせて‘ 移行元ドメイン(旧) ’’ 移行先ドメイン(新) ’の部分を書き換えて下さい。

UPDATE `wp_posts` SET guid=REPLACE (guid,'https://affiliate-biz.jp',' https://affiliate-biz-new.jp');
ぺん

移行先ドメインBが、外部に公開しないテスト用サイトの場合は、GUIDの書き換えは行わなくても、特に影響はありません。

5.記事タイトルの書き換え(オプション)

下記のSQL文は、記事タイトルに 移行元ドメイン を含んでいる場合、 移行先ドメイン に書き換えます。

ぺん

サイト名を記事のタイトルに直接入れるケースは少ないので、このSQLの実行は、ほぼ不要でしょう。

移行元ドメイン移行先ドメイン」かつ、記事タイトルに 移行元ドメイン を含む場合のみ、下記のSQL文の実行が必要です。

UPDATE `wp_posts` SET post_title=REPLACE (post_title,'移行元ドメイン(旧)','新ドメイン');

あなたの環境に合わせて‘ 移行元ドメイン(旧) ’’ 移行先ドメイン(新) ’の部分を書き換えて下さい。

UPDATE `wp_posts` SET post_title=REPLACE (post_title,'https://affiliate-biz.jp',' https://affiliate-biz-new.jp');

無理に書き換えなくても、WordPressの動作に支障はありません。

WordPressにアクセスする

データベースを更新したら、WordPressの管理画面にログインしましょう。

  1. https://移行先ドメイン/wp-admin/にアクセス

ログインすると、「データベースの更新が必要です」という画面が表示されます。

WordPress データベースの更新が必要です
  1. 「WordPressデータベースを更新」ボタンをクリックします。

問題がなければ、WordPressの管理画面が表示されれば、WordPressのリストア(復旧)は完了です。

まとめ

今回はワードプレスサイトのリストア方法についてご紹介しました。

今回ご紹介した手順は、プラグインに頼らない、もっともシンプルな「WordPressのバックアップ&リストア方法」だと自負しています。

なれれば簡単ですので、ぜひお試しください。

ぺん

ご不明点や、誤記など、お気づきの点がございましたら、コメント欄にコメントいただければ幸いです。

にほんブログ村 IT技術ブログ WordPressへ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアをお願いします!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる