このサイトについて >>

Photoshop2022の新機能はブログ運営の神ツール

AdobeのPhotoshopの利用を検討しています。
ブログ運営には役に立つの?

ぺん

はい、もちろんです!
Photoshopはバージョンアップで、より便利なツールになりました。

Adobe Photoshop(アドビ フォトショップ)は、世界中で使われている画像編集ツール。

デザイナーや写真家だけではなく、ブログ運営にも便利なツールです。

この記事では、

  • アドビ フォトショップがブログ運営に役に立つ理由と、
  • 最新のフォトショップ2022に追加された神機能、「ニューラルフィルター」と「オブジェクト選択ツール」

についてご紹介します。

Adobe Photoshop 公式サイト

この記事の内容
  1. Adobe Photoshopの機能概要
  2. Photoshopがブログ運営に役に立つ理由
  3. Photoshop 2022で追加された新機能「ニューラルフィルター」と「オブジェクト選択ツール」の紹介
  4. FAQ(よくある質問)
  5. Photoshopの利用方法
目次

ブログ運営にPhotoshopがおすすめツールである理由

フォトショップはデザイナー専用のツールなの?
初心者にはむずかしい?

ぺん

いいえ、そんなことはありません。
初心者でも簡単に使える、ブログ運営に便利な機能がたくさんあります。

Photoshopはブログ運営にどのように役立つのでしょうか?

ブログ記事には、多くの画像が必要

ブログ記事には画像が必要
ブログ記事には画像が必要

読みやすいブログ記事を作るためには、多くの画像が必要です。

ぺん

記事内にギッシリと文字だけ並んでいると、読みにくく感じますね。

サムネイル画像

サムネイル画像はブログ記事の一覧に表示される画像です。サムネイル画像を見れば、ブログ記事の内容がわかるように、記事に関連する画像や文言を入れます。

記事内画像

記事の中に掲載される画像です。記事内容を分かりやすく説明するほかに、文章と文章の間にデザインとしてのスペースを空ける役割があります。

ブログ記事を読みやすくするためには、

  • 操作方法を説明する「スクリーンショット」画像
  • 記事内容を補足する図表

を適切に配置する必要があります。

ぺん

ブログを表示した際、画面中に常に1つは表示される程度に画像を配置すると良いでしょう。

サムネイル画像の作成が簡単

サムネイル画像のイメージ

ブログ運営で悩むのが、記事のサムネイル画像の作成ですね。

自分で撮影した写真やイラストがあればベストですが、常にオリジナル画像を用意できない場合もあります。

無償で使える「著作権フリー画像ダウンロードサイト」は便利ですが、数多くのサイトで同じ画像が使われているため、オリジナリティを出すために、ひと手間かけて編集したいところです。

>>ブログに使える、おすすめ著作権フリー画像ダウンロードサイト 2021年版

Photoshopをつかえば、無料画像を素材として、オリジナル画像を簡単に作成することができます。

具体的には、

  • 画像の色調を変える
  • レイヤー機能を使って、他の画像と組み合わせる
  • フィルター機能(ぼかし、モザイクなど)で画像の見た目を変える

などの編集を、ほぼワンクリックで行うことができます。

画像の色調を変える

Photoshopで色調を変えたイメージ

Photoshopの色調補正機能を使うと、画面の色調(彩度、明度)を簡単に調整できます。

レイヤー機能で素材画像を組み合わせてオリジナル画像を作成

Photoshopレイヤーのイメージ

Photoshopのレイヤー機能を使うと、複数の素材をアニメのセル画のように合成することができます。

フィルター機能

Photoshopフィルターイメージ

Photoshopのフィルター機能をつかうと、背景部分など特定のレイヤーだけに「ぼかし」効果などを追加できます。

記事内の画像編集に便利

Photoshopが大活躍するのは、サムネイル画像の作成だけではありません。

ブログ記事内の画像作成にも役立ちます。

個人情報を隠すにはモザイク機能が便利

WordPressの設定手順を説明するために「スクリーンショット」画像を記事に掲載する場合、アカウント名などの個人情報や、セキュリティー上公開したくない設定情報を隠す必要があります

そんな時に活躍するのが、Photoshopの「モザイク」フィルター。

Photoshopフィルターの利用イメージ

スクリーンショット画像の隠したい範囲を選択して、「モザイク」フィルターを選択すれば完了です。

操作方法:フィルター > ピクセレート > モザイク

ぺん

この機能は特に多用するので、地味に助かっています。

文字装飾もレイヤー機能使えば簡単

記事内の画像に説明文言を入れたい場合も、Photoshopを使うと便利です。

Photoshopレイヤー効果で文字を追加した例

テキストツールを選択して、追加したい文言を入力して

  1. 追加したい文言を入力
  2. フォントの種類、フォントサイズを指定
  3. レイヤー効果で、文字の境界線、ドロップシャドウを指定

するだけで、装飾付きのテキストを画像に追加することができます。

なんと20,000種類以上もの有料フォントが利用可能

Photoshopを契約(サブスクリプション契約)すると、Adobe Fontsのフォントを追加費用無しで使うことができます。

Adobe Fontsは日本語フォントを含む20,000種類以上のフォント提供しており、制限なしで利用することが可能です。

ぺん

Adobe Fontsは、Photoshopを契約すると無料で使えます。

Adobe Fonts画面イメージ
Adobe Fontsのフォント選択画面

ピッタリのフォントが必ず見つかる

Adobe Fontsに登録されているフォントの中から、作成中の画像の雰囲気にピッタリのフォントを見つけることができるでしょう。

ぺん

正直、Adobe Fontsだけでも月額料金を払う価値があります。
フォトショップを契約すると追加料金なしで利用できるとは、とてもお得に感じます。

ダウンロードしたフォントはPhotoshop以外のソフトからも利用可能

フォントはダウンロードして利用できるため、パワーポイントなど、Photoshop以外のソフトでも利用することができます。

ぺん

パワーポイントで図表を作成する際、Adobe Fontsからダウンロードしたフォントを利用しています。

Adobe Photoshopは定番の画像編集ツール

Adobe Photoshop Logo

Adobe Photoshopはアドビ社が提供している画像編集ツールです。

世界中のデザイナーにつかわれており、そのユーザー数は2200万人以上と言われています。(※)

ぺん

画像編集ツールの定番といえば、Photoshopですね。

Photoshopのスキルは様々な場面で活躍

Photoshopを使えれば、クリエイティブなデザイン系の仕事はもちろん、Web制作現場でも役に立ちます。

ぺん

求人情報でも「フォトショップ経験者」などの記載も多く見かけますね。

Photoshopのスキルは一生モノ

うれしいのは、Photoshopスキルを一度覚えれば普遍的に使えるということです。

Photoshopのスキルは一生モノ
Photoshopの基本操作方法は10年経っても変わりません

私は以前、パッケージ版の古いPhotoshopを使っていました。

つい最近、数年ぶりに最新版のPhotoshopを使い始めたのですが、全く違和感なく使えることに驚きました。

昔覚えた基本的なPhotoshopの基本的な操作方法が、全く変わっていなかったのです。

Adobe Photoshopは、バージョンアップを経てもユーザーの利便性を損なわないように、基本的な操作体系は変えないようにしています。

つまり、一度Photoshopの操作方法をマスターすれば、一生使えるスキルになるというわけです。

ぺん

Photoshopスキルは、これからWeb系の仕事をするには、必須の業務スキルと言えるでしょう。

Photoshopは、Windows、Mac、iPadで利用可能

Photoshopは、Windows版、Mac版だけではなく、iPadでも利用可能です。

iPadを使えば、デスクトップで編集したデータを持ち出して、外出先のカフェで続きの作業を行うことも可能です。

ぺん

一つの契約で、2台のデバイスで利用することができます。

Photoshop 2022の新機能

Photoshopは継続的に新機能が開発されています。

今回はバージョン23で追加された、ニューラルフィルター機能を中心にご紹介します。

カラー化

ニューラルフィルターの「カラー化機能」は、白黒写真を自動でカラー写真に変換します。

操作方法:ニューラルフィルター > カラー化

これからご紹介する白黒写真は、下記でもご紹介した「Unsplash」からダウンロードしました。

>>ブログに使える、おすすめ著作権フリー画像ダウンロードサイト 2021年版

人物写真

驚くことに、白黒の人物写真のカラー化ができます。

Photoshopカラー化オリジナル画像
オリジナル画像
Photoshopカラー化
自動でカラー化された画像

肌色と髪の毛の色がとても自然ですね。上着がデニム生地であることも自動識別して、デニムのブルーで彩色されています。

風景写真

白黒の風景画像も自然な色合いでカラー画像化してくれます。

Photoshop カラー化
オリジナル風景画像
Photoshop カラー化
自動でカラー化された風景画像

こちらも空の色は青、木々の色が自然な緑に彩色されています。

風景写真2

Photoshop オリジナル
オリジナル風景画像
Photoshop カラー化事例2
自動でカラー化された風景画像2

こちらは最初の例よりも、より自然な色合いになっていますね。

芝生の色や、木々の色合い、白い教会が自動でカラー化された画像とは思えません。

風景ミキサー:季節や街の雰囲気まで変更可能

風景ミキサーは編集中の風景写真を、テンプレート画像を選択して、季節を変更する機能です。

操作方法:ニューラルフィルター>風景ミキサー

凍り付く日比谷公園

Photoshop ニューラルフィルタ
日比谷公園
Photoshop ニューラルフィルタ変換後イメージ
凍てつく日比谷公園

単純に木々の色を白く変えているだけではなく、雪が積もった景色に変換されていますね。

人類滅亡後の池袋

Photoshop ニューラルフィルタオリジナルイメージ
サンシャイン池袋
Photoshop ニューラルフィルタ変換後イメージ
自然に還った池袋の街

こちらも、ビルの色を緑にするだけではなく、サンシャイン60の屋上にも木が生えています。

ぺん

人類滅亡感がスゴイです。

操作方法:ニューラルフィルター > 風景ミキサー

オブジェクト選択ツール:編集効率が格段にアップ

オブジェクト選択ツールは、画像に含まれる「人」や「物」などのオブジェクトを自動的に選択する機能です。

ぺん

昔のPhotoShopでは複雑な形状のオブジェクトを綺麗に切り抜くのが大変でした。

以前のPhotoshopでは、複雑な形状の「人」や「物」を選択するのはとても時間がかかる作業でした。

最新のPhotoshopでは、瞬間に画面上のオブジェクト「人」や「物」を自動判定して指定することができます。

この機能が実装されたことで、Photoshopの編集効率は2倍以上は向上しました。

ぺん

はっきり言って、以前は30分かかっていた画像の編集作業が、オブジェクト選択ツールを使うと2分で完了します。

Photoshopブロック選択機能
ワンクリックで写真の中からオブジェクトを削除できます
オブジェクト選択ツールのすごさをご覧ください

操作方法:オブジェクト選択ツール> 編集>コンテンツに応じた塗りつぶし

スマートポートレート:顔の表情まで変更可能

Photoshopスマートポートレートの事例

スマートポートレートを使うと、顔画像の表情を変更することができます。

上記の例をご覧ください。右の画像がオリジナル画像を「笑顔」にしたものです。

少々不自然な表情ですが、オリジナル画像にない「歯」が見えているのがスゴイですね。

操作方法:ニューラルフィルター>スマートポートレート

ぺん

表情を変える以外にも、顔の向きを変えることもできます。

写真を有名画家の作風に自動変換

スタイルの適用機能は、元の画像を、テンプレート画像の作風に合わせて自動変換する機能です。

この機能を使うと、風景写真を、有名画家の絵画風に変換することができます。

操作方法:ニューラルフィルター>スタイルの適用

Photoshop ニューラルフィルタ オリジナル画像
オリジナル画像

ゴッホの「ひまわり」風

テンプレート画像にゴッホの自画像を指定すると、このようになりました。

もうすこし筆のタッチを強く設定すれば、ゴッホの「ひまわり」を再現できそうです。

Photoshop ニューラルフィルタ ゴッホ風
ゴッホの自画像を元に生成されたイメージ

モネの「水蓮」風、ひまわり

こちらはモネの水蓮をテンプレートに指定したものです。

本物の絵画のようですね。

Photoshop ニューラルフィルタ
モネの水蓮を元に生成されたイメージ
ぺん

綺麗な写真があれば、この機能で絵画風のサムネイル画像が簡単に作成できます。

応用編 – Photoshopを使えば、残念な写真も修整可能

これまでにご紹介した機能を活用すると、残念な写真を簡単に修正することができます。

オリジナル画像

こちらの写真は、沖縄県石垣島の隣に位置する、竹富島のコンドイ浜で撮影した写真です。

あいにくの曇り空で、暗い感じの残念な写真です。

オリジナル画像
沖縄県 竹富島 コンドイ浜

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアをお願いします!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
上に移動
目次
閉じる