このサイトについて

2021年最新版 – Googleアカウントの登録方法

グーグルアカウントはどうやって作ればよいですか?
何か必要なものはありますか?

今回はグーグルアカウントの登録方法をご紹介します。

グーグルアカウント(Google Account)をつくると、GMAILに加えて、ブログサイトの運営に欠かせない、サーチコンソール、アナリティクス、タグマネージャーなど、多くのGoogleサービスを無料で使うことができます。

この記事の内容
  1. グーグルアカウントとは?
  2. グーグルアカウントで使える便利なサービスのご紹介
  3. グーグルアカウントの登録方法
ぺん

この記事を読めば簡単にグーグルアカウントが作れます

目次

グーグルアカウントとは?

Google看板イメージ

グーグルアカウント(Googleアカウント)とは、その名の通りGoogleが発行するアカウントです

グーグルアカウントがあれば、同社が提供する様々なサービスを利用することができます。

グーグルアカウントの利用用途は?

Googleアイコンイメージ

Googleが提供する主なサービスには以下があります。

ぺん

特にサイト運営に関連するものをご紹介します

Gmail(無料E-mailアドレス)

Gmail Logo
Gmail Logo

Gmailは、Googleが提供する高機能無料メールサービスです。

ブラウザだけで気軽に使えるのが便利です。

ぺん

無料メールといえば、Gmailですね。

Google Drive(クラウドストレージ)

Google Drive Logo
Google Drive Logo

Google Drive(グーグルドライブ)は、Googleが提供するクラウドストレージサービスです。

無料で最大15GBのデータ容量が使えます。

より多くのデータ容量を使いたい場合は、有料サービスの契約が必要です。

容量料金
15GB無料
100GB月額 ¥250 / 年額 \2,500
200GB月額 ¥380 / 年額 \3,800
2TB月額 ¥1,300 / 年額 \13,000
Google Drive の契約プラン
ぺん

15GBは、Gmailなど他のサービスでの利用も含めたデータ容量なので、容量を使い切るとメール送受信ができなくなります。注意してください。

Chrome(ブラウザ)

Google Chrome Logo
Chrome Logo

Google Chrome(クローム)は、Googleが提供するブラウザです。

Chromeは世界シェア50%超、日本国内でのシェアもトップです。

サイトを運営する際は、必ずChrome上でサイトが正しく表示されることを確認しましょう。

便利なChromeプラグイン

Chromeブラウザは、プラグインをインストールすることで機能を拡張できます。

本サイトでも、サイト運営に便利なChromeプラグインをご紹介しています。

Google Search Console(サーチコンソール)

Google Search Console Logo
Google Search Console Logo

Google Search Console(サーチコンソール)はGoogleが提供する、サイトの検索トラフィックや掲載順位を測定するための無料ツールです。

ぺん

ブログを運営する上では、毎日確認するべきツールです。

Google Analytics(アナリティクス)

Google Analytics Logo
Google Analytics Logo

Google Analytics(アナリティクス)は、Googleが提供する、サイトにアクセスするユーザーに関する情報を分析する無料ツールです。

ぺん

アナリティクスを使うと、以下のようなことが分かります。

  • アクセスユーザー数および、ユーザー像(年齢層、居住地)
  • ページ毎のアクセス数
  • ユーザーの画面遷移

コンテンツ改善プロセスイメージ

アナリティクスと、サーチコンソールの情報から、サイトの改善点の分析、および効果測定を行うことができます。

コンテンツ改善プロセス
コンテンツ改善プロセス

Google Tag Manager(GTM)

Google Tag Manager Logo
Google Tag Manager Logo

GTM:Google Tag Manager(タグマネージャー)は、Googleが提供するタグマネジメントツールです。

タグマネジメントツールをつかうと、計測タグの差し替え、管理が効率的に行えます。

ぺん

比較的大規模サイトには、タグマネージャーは欠かせません。

グーグルアカウントアカウントの登録方法

Microsoft Laptop

それでは、グーグルアカウントの登録方法について解説します。

アカウント作成ページを開く

グーグルアカウントを作成するには、以下のサイトにアクセスします。

Googleアカウント作成画面

「アカウント作成」をクリックします。

Googleアカウント作成画面 自分用とビジネス用を選択

ここでは「自分用」をクリックします。

ぺん

ビジネスの管理用 を選択すると、店舗情報などビジネス情報を管理できます。

ビジネスアカウントは、住所情報を利用して広告を運用したい場合に使用します。

ユーザー名、パスワード、名前を入力

Googleアカウントの作成画面

次に、名前(姓、名)、ユーザー名、パスワードを入力して「次へ」ボタンをクリックします。

電話番号の確認

Googleアカウント 電話番号の確認画面

SMS(ショートメッセージ)を受信可能な、携帯電話の電話番号(例:08012345678)を入力して「次へ」ボタンをクリックします。

ぺん

この電話番号は、本人確認のために使われます。このステップでは、登録するグーグルアカウントと、入力した電話番号は紐づけられないので安心してください。

確認コードを入力する

Googleアカウント 電話番号の確認画面

SMSに届いた6桁の確認コードを入力して「確認」ボタンをクリックします。

生年月日、性別を入力する

Googleアカウント プロフィール入力画面

生年月日と、性別を入力して「次へ」ボタンをクリックします。

ぺん

オプションですが、再設定用のメールアドレスを入力すると、登録中のグーグルアカウントのパスワードの再設定時などに便利です。

電話番号の追加(オプション)

電話番号の活用画面

登録したグーグルアカウントに電話番号を紐づけることもできますが、オプションのためここでは「スキップ」をクリックします。

プライバシーポリシーと利用規約への同意

Googleプライバシーポリシー=と利用規約

プライバシーポリシーと利用規約が表示されるので、中身を確認のうえ「同意する」ボタンをクリックします。

グーグルアカウントの作成完了

Googleアカウント作成完了

これで、グーグルアカウントの作成は完了です!

ぺん

パスワードを忘れないように、紙の手帳などに控えておきましょう。

グーグルが提供する多くのサービスが利用可能になります。ぜひ、試してみてください。

Googleのサービス

まとめ

グーグルアカウントのの作成方法と利用手順について解説しました。

グーグルアカウントの作成前に用意するものは、

  • SMS(ショートメッセージサービス)が使える携帯電話

です。

事前にメールアドレスや、を準備する必要が無いので便利ですね。

もし、まだグーグルアカウントをお持ちでないならば、無料で利用できる多くのサービスがあるので、ぜひ作ってみてください。

にほんブログ村 IT技術ブログ WordPressへ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアをお願いします!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる