WordPressのローカル環境を簡単に構築する方法

Server

  2017.12.24(  最終更新 )

Local by Flywheelを使って、WordPressのローカル環境を簡単に構築する方法



ぺんです。

WordPressサイトのカスタマイズをするは、細心の注意を払わないと、エラーでサイトが非表示になってしまう場合があります。このサイト「あふぃぶ」でも、WordPressテーマ「MAG」をカスタマイズしているのですが、PHPのエラーが発生して、何度も画面が真っ白!になってしまった経験があります!

今回は、WordPressのカスタマイズや、自作プラグインの開発・テストを行うための、ローカルWordPress環境の導入手順をご紹介します。



なぜWordPressの動作環境がローカルにあると便利なのか?

ローカル環境とは?

ローカル環境とは、皆さんがお使いのPCにWordPressのサーバーが動作する環境ということです。これに対して、WordPressのサイトをホストしているのがサーバー環境です。

ちなみにこのサイト「あふぃぶ」は、下記の記事でもご紹介したとおり、エックスサーバーを利用しています。

ローカル環境のメリットとは?

サイトテーマのカスタマイズや、プラグインの開発中は、何度もソースコードやデータベースの情報を更新する必要があります。その際に、いちいちFTPクライアントでファイルをサーバーに転送するのではなく、気軽にソースコードやデータベースの情報を更新できることがメリットです。

また、いざというときのバックアップという意味でも、別環境に大切な自分のサイトのデータを保持しておくというメリットもありますね。

FTPクライアントとは

FTPクライアントとは、ローカル環境(お使いのPC)と、サイトをホストしているサーバー間で、ファイル転送を行うツールのことです。ちなみに、FTPとはFile Transfer Protocol(ファイル転送プロトコル)の略で、ファイルを送受信する際の通信プロトコルです。ちなみに私がオススメするFTPクライアントはFFFTPです。

FFFTPダウンロード

Localを使えば誰でも簡単にWordPress環境がつくれる

今回は、自宅のPC上で動作するローカルWordPress環境を作りたいので、どのようなツールが提供されているのか調べてみました。

その結果、いくつかのサイトで紹介されていた、「Local by Flywheel」というツールが使いやすいことが判りました。LOCALの特徴は以下の通りです。

  • インストールが簡単
  • 動作が軽く、サクサク動く
  • ローカルのテスト環境を簡単にインターネット上で共有できる

Local by Flywheelのインストール手順

では早速LOCALをインストールしてみましょう。

Local by Flywheelをダウンロードする

下記サイトにアクセスして、”Free Download”をクリックします。

LOCALダウンロード

MacとWindowsのいずれかを選択して、Work Emailを入力します。(これを書いている時点 2017年12月では、他の項目は入力しなくてもダウンロードできました)

Download Local by Flywheel!

すぐにダウンロードが開始されます。

your download is starting!

ファイルサイズは470MBと、それなりのサイズです。

localのファイルサイズは470MB

LOCALを実行する

ダウンロードしたファイル(local-by-flywheel-X-X-X-windows.exe)をダブルクリックしてインストーラーを実行します。
(X-X-Xの部分には、バージョン番号が入ります)

日本語と、日本のタイムゾーン(UTC+9)を選択します。

ロケール指定画面

 

 

サイト名を入力する

次にサイト名を入力します。

このサイトのドメイン名”affiliate-biz.jp”を入力すると、ローカルドメインとして、 “affiliatebizjp.local” が自動的に指定されます。

What`s your site`s name?

ローカルドメインとは

ローカルドメインとは実際にLOCALをインストールしたPC上でホストされるローカル環境のWordPressサイトの接続先です。つまり、ローカルPC上のブラウザで、”affiliatebizjp.local”にアクセスすることでローカル環境のWordPressサイトにアクセスできるわけです。

 

ドメイン設定画面

WordPressのパスワードを入力

次にローカルWordPress環境のID/PASSWORDを入力します。

Set WordPress Admin credentials as default?

 

エラーが発生した際に、開発元にそのデータを送信するか否かを選択します。

私は、どのようなデータが送信されるのかわからないのが気持ち悪いので、今回は「いいえ」を選択しました。Error Reporting

これで完了!

お疲れさまでした。これでローカルWordPress環境(Local by Flywheel)の完成です!

Local by Flywheelがすごい点

今回Local by Flywheelを導入してみて、3つの点がすごいと感じました。

1.動作が軽い

ローカル環境なのに、サクサクと軽快に動作してくれます。今回は、3年前のCore i7、メモリ8GBを搭載したノートPCで動作させてみましたが、1サーバーをホストしている状態では、ストレスはありませんでした。これならば十分にバックアップ兼、開発環境として利用できます。

注意点

Local by Flywheelは、HyperVの動作環境にはインストール出来ません

HyperV環境では動かない

私のメインPC(Windows 10)では、HyperVで検証用のWindows 7環境をHyperVでホストしていたので、Local by Flywheelをインストールすることが出来ませんでした。

2.簡単にローカル環境をインターネットに共有できる

この機能にはびっくりしました!こちらの画面をごらんください。Local管理画面

これは、このサイト「あふぃぶ」のバックアップ環境ですが、一番下に”Live Link”とあるところがありますが、”Enable”というボタンをクリックすると、ngrok.ioのサブドメインが一時的にアサインされ、ngrok.ioサイトがインターネットからのアクセスを、LocalをホストしているノートPCまで中継してくれます。具体的には、HTTP/TCP tunnels on random URLs/ports という機能です。

イントラネット上のサービスをインターネットから利用可能

https://ngrok.com/

ngrok.comのサイトを観てみると、無料では以下の機能制限が付くようです。(https://ngrok.com/pricing

開発注のWordPressテスト環境をクライアントに共有するだけなら、無料版で十分ですね。

  • HTTP/TCP tunnels on random URLs/ports
  • 1 online ngrok process
  • 4 tunnels/ngrok process
  • 40 connections / minute

3.DB管理ツールもワンクリックで起動

Local by Flywheelでは、WordPressの管理画面はもとより、MY SQLの管理画面にもワンクリックでアクセス可能です。これがオールインワンという感じでとても便利です。

DB Admin画面

便利過ぎるLocal by Flywheel

いかがでしたでしょうか?

Local by Flywheelは、ワンクリックで簡単にインストールでき、軽快に動作する便利なツールです。Local by Flywheelで作成したテスト環境を使うことで、WordPressテーマのカスタマイズや、プラグインの開発がより安全に、より確実になりますね。

追記(2017.12.31)

Local by Flywheelで作成したテスト環境に、WordPressサイトのデータをインポートする手順を検証した記事を公開しました。併せてご覧ください。



関連記事

  1. エスケープ処理

    WordPress

    ワードプレスの記事中にブラケット[]をエスケープ処理する方法

    ぺんです。先日公開したこの記事の中で、オリジナルプラグ…

  2. Jetpack

    WordPress

    JetpackのPhoton(CDN)機能をONにすると、楽天のサムネイルサイズがおかしくなる

    ぺんです。商品紹介のリンクを貼るときに、サムネイルのサイズを指…

  3. WordPress

    Redirection – リダイレクト設定が超絶簡単に行える、WordPressプラグ…

    ぺんです。ブログ記事に広告(ASPへのリンク)を貼っていると、…

  4. ウイジェットエリア

    WordPress

    WordPressテーマに、広告を表示するウィジェットエリアを追加する方法

    ぺんです。本サイト「あふぃぶ」で使っているワードプレステーマは…

  5. Server

    レンタルサーバーを選ぶ際の3つのポイント

    ぺんです。前回、下記の記事でレンタルサーバーと無料ブログを併用…

  6. 洗練されたWebサイトで集客につなげる - 失敗市内WordPressテーマの選び方

    WordPress

    失敗しないWordPress(ワードプレス)テーマの選び方2 TDC 「MAG」を選んだ3つの理由

    ぺんです。前回のエントリーからずいぶんと間が空いてしまいました…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. Twitterアカウントの登録方法
  2. マイクロソフトアカウントの登録方法
  3. 初心者向けWordPressサイトのバックアップ、リストア手順の解説
  4. WordPressのローカル環境を簡単に構築する方法
  5. ウイジェットエリア
  1. エスケープ処理

    WordPress

    ワードプレスの記事中にブラケット[]をエスケープ処理する方法
  2. Server

    レンタルサーバーを選ぶ際の3つのポイント
  3. イラスト

    画像素材

    コンテンツをより魅力的にする、高品質な無料イラスト素材
  4. WordPress

    おすすめ無料ワードプレステーマ 2017年8月
  5. logo.squarespace.com

    ツール

    5分でサイトロゴが完成! とても便利なロゴデザイン作成ツール
PAGE TOP