このサイトについて

失敗しないWordPress(ワードプレス)テーマの選び方

洗練されたWebサイトで集客につなげる - 失敗市内WordPressテーマの選び方

ぺんです。

前回、このブログをエックスサーバー上で運営することは書きました。

このエックスサーバーですが、サーバーのドメイン設定を初めとする各種の設定変更や、WordPressのインストールなどもGUIで簡単に行うことができる優れものです。今回はじめてレンタルサーバーを使ってみたのですが、ここまで便利な機能が提供されているとは驚きましたね。

さて、今回はWordPressの、テーマを選ぶポイントについて見てみましょう。

Contents

星の数ほどあるテーマから何を選ぶべきか?

これはWordPressの公式テーマの一覧画面です。フリーのものから有料のものまで、数多くのテーマが存在していることがわかりますね。

ワードプレステーマ

これだけ無数にテーマがあると、さすがに全て試すわけにも行きません。いったいどのような基準で選べば良いのでしょうか?

自分のサイトの雰囲気に合うテーマをさがす

まずは、実際にいくつかのテーマをインストールして試してみましょう。テンプレート毎にサイトの雰囲気ががらりと換わりますよね?

テーマを選ぶ際は、サイト訪問者が奇異に感じないように、サイトの内容に適合したデザインを選定する必要があります。

私の場合は、このブログの他にも実際に商品等を紹介する、いわゆるペラサイトやミニサイトを作成したいと思っているのですが、まずはこのブログのイメージに合うデザインに絞って考えてみました。このブログのイメージとは、「アフィリエイトを実践する上で役に立つ情報を、判りやすく分類し、可能な限り網羅的に提供するポータルサイト」なので、それに合うデザインが必要です。

私が思い描いていたイメージは、解像度の高い画像を全面に押し出したスタイリッシュなデザイン・・・

スタイリッシュ?なデザインイメージ

というよりは、メディア系のサイトにみられる、記事の一覧が整然と掲載されているオーソドックスなデザインです。

(オーソドックスなデザインイメージ)

このサイトのテンプレート選びに重視した3つのポイント

結果として、このサイトのテンプレート選びに重視したポイントはこのようになりました。

 

掲載情報を判りやすく探せるナビゲーション

グローバルナビゲーションからプルダウンメニューで階層(カテゴリ)を表示できること。ほとんどのテーマでは普通に対応しているようですが、掲載情報が増えた場合でも対応できるように、プルダウンの階層を2段階(以上)選べることを条件としました。

より多くの情報を網羅的に一覧表示できるトップページデザイン

サイト訪問者に、より多くの記事を読んでもらうためにも、アイキャッチ画像を美しく配置したデザインが必要です。

レスポンシブルデザイン対応

今の時代はスマホ対応は必須ですので、解像度の異なるデバイスでも最適にコンテンツを表示できるレスポンシブルデザインに対応していることが重要です。

結局どのテンプレートを選定したのか?

勿体ぶるつもりはありませんが、紙面が尽きてしまいましたので次回のエントリーにてご紹介します!

【関連】 失敗しないWordPress(ワードプレス)テーマの選び方

 

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

Contents
閉じる